ピンネ農業公社の概要

この法人は、北海道樺戸郡新十津川町及びピンネ農業協同組合を支援母体とし、新十津川町の行政区域内及びピンネ農業協同組合の事業活動区域内(北海道樺戸郡浦臼町行政区域を含む。)における農業と農村の振興と農業経営の安定向上に資するため、農業経営規模の拡大、優良農地の確保と効率的利用、多様な地域農業を担う人材づくり、農業の生産性の向上及び農村環境の保全を図り、もって地域農業農村の持続的発展と地域社会経済の活性化に寄与することを目的としています。

ごあいさつ

一般財団法人ピンネ農業公社は、新十津川町とピンネ農業協同組合の支援の下、設立構想の検討から約2年の歳月を費やし、平成24年4月9日法人設立登記を終えて一般財団法人という公益法人として新たな一歩を踏み出しました。

本法人の担う大きな役割としては、行政の新十津川町と経済団体であるピンネ農業協同組合が行う様々な施策、業務の谷間を埋めることにより、より充実したものにしていくことにあります。農作業受委託業務の拡大によって地域の農業者の減少を防ぎつつ、将来の農用地集積、利用の在り方等の検討を進めるとともに、認定農業者の拡大や農業法人の設立など、農業の中核を担う農業者の育成を図る一方、北海道農業担い手育成センターの協力を得ながら新規農業参入希望者の発掘、育成に努めてまいります。

今後の本法人の基礎づくり、足場固めの年として一つ一つ執行してまいりますので、関係各位の力強いご支援、ご協力をお願い申し上げます。

一般財団法人 ピンネ農業公社
理事長 宮本英靖

概要

名称 一般財団法人ピンネ農業公社
設立年月日 平成24年4月9日
代表者 理事長 宮本 英靖(ピンネ農業協同組合代表理事組合長)
所在地 北海道樺戸郡新十津川町字中央5番地1
基本財産 5,000千円(新十津川町:3,500千円、JAピンネ:1,500千円)
運営支援 新十津川町、ピンネ農業協同組合
業務態勢 役員:理事5名、評議員10名、監事2名
職員:常勤職員4名
うち出向3名(町職員1名、JAピンネ職員2名)

このページのトップへ